施工管理技士の種類と資格!知って得する求人情報

まずは建築施工管理技士と建築士の違いを紹介

建築施工管理技士

建築施工管理技士はほとんどの建築業務に携わることが可能になっています。そのため建築においてはプロフェッショナルと言える存在なのです。

建築士

建築士は設計管理を主に行なうため、現場の施工管理までは行ないません。その点が建築施工管理技士と違う部分になっています。

各施工管理技士の紹介

建築施工管理技士

施工管理技士の資格には一級と二級に分かれており、行なえる内容も異なっています。一級の場合は扱いが難しい建設機械を使った現場の指導や監督業務をメインに行ない、二級では一般的に利用する建築機械全般の操作や扱いを習得し管理するようになっています。

土木施工管理技士

土木施工管理技士はあらゆる環境で土木工事が行なえるようにするために、河川や港湾、鉄道や上下水道といった場面での計画書の作成と工事の管理を行ないます。様々な場所で仕事が出来るため、建築業として多くの経験を積むことが出来ます。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理士の資格を持っていると電力会社の就職に有利です。会社側からすると資格取得者が多ければ多いほど審査機関からの評価が上がります。また、現場監督が増えることで多くの現場に着手することが出来るので、利益にも繋がるのです。

管工事施工管理技士

管工事自体は資格がなくても着手可能です。しかし、現場を統括する監督が必要となってくるため管工事施工管理技士の資格を持つ人が必要なのです。管理監督者がいることで企業側にもメリットは出てくるため、資格保有者は求人募集でも採用されやすくなります。

造園施工管理技士

一級の施工管理技士保有者がいないと仕事を請け負うことが出来ないケースが多いです。造園施工管理技士も同様で資格を持っていることで現場に必ず必要とされる存在として造園業から引っ張りだこになるでしょう。学習範囲は他の施工管理技士よりも多いためしっかりと学ぶ必要があります。

施工管理技士の種類と資格!知って得する求人情報

男女

施工管理の種類

施工管理と名がつく職業はいくつかあります。一般的には建築現場の管理を行なう建築施工管理技士になりますが、その他にも電気配線の設計や管理を行なう電気工事施工管理技士や造園工事の管理を担当している園芸施工管理技士などがあります。

施工管理技士の資格は有利

今まで現場監督として働いてきた方々が定年し、引退したことによって現在の建築業は監督者の数が圧倒的に足りていません。そのため施工管理技士の資格を持つ方は求人でも優遇されやすくなっています。ですから、この現状を利用して資格取得をし、現場を仕切る人になりましょう。