工事現場の監督役の施工管理【採用してもらうために知るべきこと】

資格以外でアピール

建築施工管理技士の資格は大きな武器になりますが、企業にとって大切なことは資格保有者の人格です。企業の理想に近い人物なのかを見極めるために面接では様々な質問をしてくるでしょう。どのような質問にも答えられるように下準備は徹底して行なうように注意が必要です。

工事現場の監督役の施工管理【採用してもらうために知るべきこと】

男性

施工管理の仕事

施工管理の仕事は簡単に言えば、工事現場の監督のような仕事です。作業員の安全確保や周辺への配慮を行ない、工事がスムーズに進むように工程を把握しておき品質の向上に努めるのが施工管理の役目になっています。

資格を持っていると有利

施工管理の職に就くためには建築施工管理技士の資格が必要になります。特に一級を取得していると採用率が大幅に向上し、年齢的に厳しい年代の転職であっても優遇されるケースが多いのです。

施工管理に関する疑問・質問コーナー

施工管理技士の資格は誰でも取れますか?

施工管理技士は高等学校や大学において専門の学科を卒業し、実務経験のある方でなければ受験資格を得ることが出来ません。専門学科の卒業は必須というわけではありませんが、実務年数に影響を受けるためなるべく卒業しておくほうがいいでしょう。

施工管理技士って何種類かあるんですか?

一般的には「建築施工管理技士」、「土木施工管理技士」、「電気工事施工管理技士」、「管工事施工管理技士」、「造園施工管理技士」の5つの種類に分かれています。どの科目も試験が必要なので、科目に合った学習が必須になります。