相続の問題は個人で解決するのはタブー|プロに任せよう

負債がある場合の相続

相談

慎重な調査が必要

亡くなった方に多額の借金がある場合、相続放棄をすれば負債をゼロにすることができます。相続放棄は資産も負債も一切引き継がないことで、相続人が借金に苦しまなくて済むのは大きなメリットです。しかしプラスの財産も相続できなくなるので、本当に相続放棄すべきかどうは専門家に相談するのが望ましいでしょう。また相続放棄は相続の開始から3か月以内に申請しないと効果がないため、相談は早めにする必要があります。資産よりも負債の方が明らかに多ければ、迷わず相続放棄すべきですが、問題になるのは資産と負債のどちらが多いか分からないケースです。専門家に相談するとしても、判断の基準がなければ結論は出せません。そこで相談する前に、すべての資産と負債に関する資料を集めておくことが大切です。現金や預金通帳はタンスの奥などに隠されている場合が多いので、遺品整理の際にしっかりと確認します。口座番号が分かったら、銀行に残高証明を作成してもらうのが確実です。同様に有価証券などに関しても、証券会社に残高証明書を発行してもらいます。株式が自宅に置いてあるケースは今ではほとんどないので、付き合いのあった証券会社に確認する必要があります。不動産については法務局の発行する登記事項証明書で権利関係を把握しておきます。借金は預金以上に隠される傾向があるため、督促状などの郵便物には十分に注意しなければなりません。人目につかないところまで、よく探してみることが大切です。