自分のイメージが作品に

大道具製作の仕事は自分の思い描いたイメージを現実に変える仕事です。依頼者からこうして欲しいという要望に応えるだけではなく、自分の感性で現場を彩ることも可能なため魅力に溢れた職業といってもいいでしょう。

大道具製作求人のアピール方法

熱意を伝える

大道具製作求人募集にアピールする場合には、熱意を伝えることが効果的です。その会社に入ってどういった仕事をしたいのか、成し遂げたいことは何なのか、などを具体的に話すことによって将来を見据えて応募しに来ていることが伝わり好印象を持たれやすくなるでしょう。

自分の経験を具体的に話す

仮に製作経験や建築関連に携わっていたのであれば、その経験をしっかりと話しましょう。大道具製作では履歴書や職務経歴書よりも人柄や性格を重視する企業が多いため、何をしてきたか、どういった成果を残せたかを伝えることは重要なことになります。

はっきりとした受け答え

はきはきとした受け答えは印象が良くなります。特に現場では道具を使って作業を行なうため声が小さいと連絡を取り合うのが不便になります。こうしたことも踏まえて、相手に聞こえやすい音量で話すようにしましょう。

大道具製作や大工に必要なものランキング

no.1

建築道具

建築道具は大工や大道具製作において欠かせない商売道具になります。ベテランの大工は建築道具との付き合いも長く、同じ道具を何十年と使い続けることもあります。そのため仕事の相棒として必要なものになっているのです。

no.2

建築スキル

建築スキルは場数や経験によって積み重なるものです。そのため見習い大工として仕事をこなしている間は身についているように思えないでしょう。しかし、下積みの経験や学んだことは一人前の大工として働く上で必要なのです。

no.3

建築知識

建築知識もランキング2位のスキルと同様です。いくら腕が良くても現場の状況に合わせた施工が行なえなければ意味がありません。どのような現場、状況であっても柔軟に対応するためには建築知識も必要になってきます。

no.4

パソコンスキル

最近の建築業務では、データによって設計図を組むことが多いです。そのためにパソコンの操作やソフトの使い方を知っておく必要があります。パソコンスキルが高い大工だと、仕事の受注もスムーズにこなすことが出来ますよ。

no.5

建築関連の資格

大工として働く上で必須資格というのは実は存在しません。しかし大工や大道具製作としての腕前を証明するための資格として「建築大工技能士試験」といった資格が存在するので取っておいて損はないでしょう。また建築士の資格を持つことによって仕事の幅が広がることもありますよ。

大道具製作の求人など自分に合う仕事を探そう

メンズ

専門職に就くためには

大工や大道具製作、現場のまとめ役である施工管理の仕事は専門職の一部になります。道具の知識や建築技術などを取得しておくと即戦力としても採用されやすくなります。求人によっては未経験からでもスタート可能といった条件を提示している場合もあるので、下積みをしたいと考える方はこういった求人に応募するといいでしょう。

アシスト業務が気になるなら

アシストする方が向いているという方もいるでしょう。秘書の仕事は基本的にアシスト業務になります。幅広いジャンルに精通してオールマイティーにこなせる器用さと、細かな部分まで気がつく気配りが必要になるでしょう。ただし、雇い主との相性もあるので必ずしもこれらのスキルがなければいけないということではありません。自分のスキルを最大限まで活かせることの出来る相手を見つけるというのも秘書の仕事をこなす上で重要なことなのです。

[PR]大工の求人なら専門サイトで探そう
理想の職場がきっと見つかる☆

[PR]秘書求人の募集要項を豊富に紹介
条件に合った仕事を見つけよう♪